top of page

北海道大学×重慶大学 共同WS番外編 上海観光 2015年6月14日

更新日:2023年2月25日


 

WSを無事に終え、新しい友たちに分かれを告げて重慶を後にした私たちが向かった先は中国の大都市、上海!当研究室の卒業生であり、今年から上海の設計事務所に勤務している単さんプロデュースで1日上海観光をしてきました。


午前中は、日本人建築家の磯崎新氏設計の複合商業施設、ヒマラヤズセンターへ。重慶とは雰囲気の異なる洗練された街並に現われるうねった有機的な壁面。洞窟の様な大空間におしゃれな店がたくさんあったようです。(私事ではありますが、携帯を紛失してしまった私は警察の方にお世話になっており、残念ながらこの建築は見ることが出来ませんでした。)



午後はまず、上海の観光名所新天地に行きました。(無事盗難届を取得した私も、ここから合流しました。)古い街並みを修復して商業化したエリアです。上海独特の石庫門作りというそうですが、観光客でにぎわっており、西洋の広場のような雰囲気でした。

次に、路地裏にお店が密集している田子坊に向かいました。まるで迷路のような街路空間が続いていて歩いて飽きない場所でした。ついついお土産を買いすぎて金欠になる学生が多発してしまったのもここです。

続いて向かったのはM50ギャラリー街。1930年代に建てられた紡績工場の跡地がアーティストの拠点となっている場所です。工場の無骨な感じと中国の現代アートの組み合わせを存分に堪能しました。

そして中国滞在最後の夜は、上海夜景スポットへ。高層ビルの輝きを見つめ、重慶での思い出の余韻に浸りました。


こうして重慶ワークショップは無事に締めくくられました。迎え入れてくださった重慶のみなさま、引率して下さった先生方、王さん、本当にありがとうございました!


M1 大前





タグ:

0件のコメント

関連記事

すべて表示

留言


bottom of page