top of page

志比内地区滞在② 2016年8月14日

更新日:2023年2月24日


 

2016年8月10日よりの志比内地区滞在では、札幌では得られないような体験をさまざま経験しました。まず、夜の星空には驚かされました。私は札幌の山地に住んでいるため比較的綺麗な星空を見ているつもりでしたが、札幌の夜空とは別物でした。滞在中はペルセウス座流星群のピークも重なっており、たくさんの流れ星を見ることができました。同行した中国からの留学生も、初めて流れ星を見たと感激していました。


2016年8月14日、志比内地区の盆踊りが開催されました。

小学校の玄関前の広場とグラウンドを用いて、出店や花火を企画しています。

私たちはお手伝いとして、わたあめとポップコーンの出店をさせていただきました。


年に一度のお祭りということだけあり、続々とたくさんの人が集まって、お祭りを楽しんでいらっしゃいました。東神楽町の山本進町長も来てくださり、私たちのお手伝いを激励してくださいました。ありがとうございます。


私たちが担当したわたあめとポップコーンは無償で配布しており、何度もリピートしにくる子供達もいました。なかなか触れる機会のない装置の扱いは最初は慣れませんでしたが、最後には上手く、様になっていたかと思います。出店の中には地区の方が作ったきゅうりもサービスとして配られていたりと、この地区ならではのお祭りのかたちも見られました。

大人の部の盆踊りにも少しだけ参加し、最後には北大チームとして賞までいただき、楽しませていただきました。その後、グラウンドで打ち上げられた花火は、想像以上に近い場所で打ち上げられており、迫力があり綺麗でした。


自分が住む地区の中心でお祭りや花火に触れ、絶えず自然と触れ続けられるこの地区の子供達を、少し羨ましく感じる滞在でした。


                                       M1 堂本


山本進町長と

0件のコメント

関連記事

すべて表示

Commenti


bottom of page