top of page

修士論文発表会 2017年2月7日

更新日:2023年2月24日

日に修士論文発表会が行われ、当研究室からは相神、大前、田中、藤巻、蒋、李の6人が発表させていただきました。


研究テーマは以下の通りです。

・札幌中心市街地の垂直集積と垂直景観の経年変化の分析 相神

・住宅から商業店舗への用途転用における空間構成の変化と改修手法の分析 大前

・地下空間における視覚現象の生態幾何学的分析:札幌駅前通地下歩行空間・クリスタ長堀・天神地下街の比較 田中

・冬期集住における高齢者支援と生活環境整備の手法分析 藤巻

・集落移転・合併を伴う城中村における商業エリアの自然発生とその空間的変容:中国合肥市五里村の住宅改造と生活実態に注目して 蒋

・中国・北京西複合駅舎における乗降客の経路探索行動の分析 李


それぞれが一年以上かけて調査・分析をすすめ、すべて順調とは言えませんでしたが、6人全員が無事発表を終えることができました。


私自身は、2年前に卒業論文に取り組んでいた頃は修士の先輩方に手取り足取り見て頂き、自分の不甲斐無さを痛感する日々でした。修士論文を提出した今、あの頃に比べれば成長できたのかなと感じる一方で、やはり想像よりも首尾よく出来ない研究の難しさに悩み苦しみ、反省をした1年でもありました。


論文執筆中には先生方にご指導頂いた時間や先輩方からのお言葉を思い出し、論文を書きあげることができました。本当に沢山の方にお世話になりました。


無事発表は終えたわけですが、学会への論文投稿などもうしばらくは研究と向き合う時間となります。残りの学生生活を楽しみつつ、3年間のまとめをし4月からの各々新たな進路に進みたいと思います。


最後に、ご指導いただきました森先生、森下先生、野村先生、堀さん、研究室の先輩方、

ありがとうございました。                        


M2 藤巻



0件のコメント

Comments


bottom of page