top of page

研修旅行 2018年2月28日

更新日:2023年2月24日


 

2月28日に1年に一度の研修旅行が開催されました。今年のテーマは「北国の建築技術:温熱」で、「北国の建築材料、設備を学ぶ」という目標もと、2つの工場を見学させて頂きました。

見学先1 苫小牧市 木の繊維工場

見学先のひとつめは国内で唯一「ウッドファイバー」を生産している「木の繊維工場」です。「ウッドファイバー」とは、原料に間伐材等を使った環境に優しい木の断熱材のことで、環境先進国ドイツの技術が使われています。工場見学では、実際の工場を案内して頂きながら「ウッドファイバー」の性能や特徴、ドイツから日本への導入の経緯等をお聞きしました。研究室メンバーは、留学生も含めてとても熱心に質問していました。これから断熱材以外の使われ方も検討していくということだったので、私たちが日常で見る機会もあるかもしれません。



見学先2 北広島市 PS工場(マダガスカル Kハウス)

見学先のふたつめは、放射型ラジエーターなどの専門メーカーである「PS工場」です。ここでは、熱帯植物の育つ温室「マダガスカル」、ラジエータを製造している工場、そして研修施設の「Kハウス」の見学をさせて頂きました。北海道で熱帯植物を見たり、工場の中がとても心地よかったり、研修施設の中に設計の一部として暖房器具おかれていたりと何度も驚かされる工場見学でした。最後に、工場とKハウスにサインまでさせて頂き、研究室の良い思い出が出来ました!

M1 秋山




タグ:

0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comentários


bottom of page